読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エンジニア求人サイトで転職成功へ※未経験可

エンジニアとして転職をお考えの方へ

↓日本最大級のエンジニア求人サイトはこちら

草野マサムネだけどルールー

口座を設けるだけならFXの知識を持っていなくてもできます。申し込み画面の指示文の通り操作するのみなので、パソコンや投資に詳しくなくても大丈夫です。しかし、手軽にできる分、高いリスクを伴います。

誰でもFX口座を開設できてしまうので、全く予備知識なしに取引を開始してしまう人もいるのです。FXの口座を初めて開設する場合、ちょっと面倒に感じてしまうこともあります。
必要情報の入力だけならすぐに終わるのですが、身分を証明するものを送らないといけません。でも、近頃ではオンラインでの送付ができるようになり、運転免許証を携帯などで撮影して、その写真を送信すればいいFXの業者もあります。
近年では、システムトレードを利用して、FX投資する人が無視できない数になっているようです。外国為替証拠金取引では、買った外貨が前触れなく、大幅に下がるとビックリしてしまい、上手に損切りを行えないことがあります。
なるべく少ない損失で乗り切りたいという思慮が損切りのタイミングを捉え損ねさせてしまうのです。自動売買取引でFXをする時には、前もって、許容できる損失額の限度と投資に利用可能な金額を決定しておくことが、大切です。

自動売買取引のためのツールを使うと、起動しておくだけで自動的に売買してくれる商品もあるので、そういうツールを使用すれば、投資に必要な時間を短縮できますし、精神的なストレスを減らせる可能性があるかもしれません。FXの口座を開設することに何かデメリットは挙げられるのでしょうか?口座を開設しても初期費用がかかることはありませんし、維持費の心配もないので、デメリットは無いと考えます。
ですから、FXに関心を持っている人は取引云々はひとまずおいて、口座だけ試しに作るのも悪くないかもしれません。



外国為替証拠金取引の口座を開く場合に、手数料は発生するのでしょうか?結論からいうと、払わなくていいです。FX口座の開設だけなら一切費用は発生しないので、気軽に申し込みが可能です。



さらに、口座を維持する費用も基本的に必要ありません。
口座の開設や維持などに費用が必要ないこともあり、いくつかのFX業者を同時に利用する人が多いのでしょう。FX投資などで負けが続き始めると、そのマイナスを取り戻すためにどんどんお金を使ってしまうという人も多く見受けられるものです。


すると、大損失を生んでしまう可能性もあるので、FX口座には余計なお金を入金しないよう心がけておきましょう。
これは必要以上のお金を口座に入れておくと、気分的に余裕を感じてしまって使い込む可能性がありえるからなのです。FXで成功するためには、暴落のリスクを確実に考えることが大切です。



暴落は、考えられないような状況でも、石橋を叩くようにしてそのリスクを考えにおいたトレードをしてください。



FXにおいては絶対安全ということはないので、万が一のことも予測しておくようにします。たとえば、ドルの場合は利益が出にくいわけですが、その代わり、リスクも小さくなります。
FX投資により得られた利益は課税の対象ですから確定申告が必要ですが、年間を通して、利益を出せなかったならしなくてもいいです。



しかし、FX投資を続けようと考えているなら、利益がなかった場合でも確定申告をした方がいいです。

確定申告をすれば、損失の繰越による控除が使えるため、最も長くて3年間、損益を通算できます。FX投資に取り掛かる際に念頭に置いておきたいのがFXチャートの読み方です。



FXチャートとは、為替相場の動きをグラフとしてまとめたものです。

数値だけではわかりにくいですが、グラフ化していくことで理解しやすくなります。


FXチャートを上手く使わないと利益を追求することが難しいので、きちんと見方を覚えておいてください。

エンジニアとして転職をするメリット

f:id:itte55ont1heayrntmlveerdl:20150324173832j:plain

近年はこれまでにエンジニアとは全く無縁の会社で働いてきたにも関わらず、エンジニアとしての知識や技術を身に付けてからエンジニアとして転職をする人が増えていますが、これはエンジニアという仕事に対して魅力に感じている人が多いということが理由となっていて、エンジニアの求人情報も以前に比べるとかなり増えたことから転職の敷居が下がったというのもエンジニア人気に繋がっています。

 

また、エンジニアと言っても様々な分野に特化したエンジニアというのがいて、それぞれのエンジニアに需要があるので、自分が得意な分野を突き詰めていくと仕事に繋がるというのもメリットの1つになっています。

 

一つのことを成し遂げるという使命感に追われて仕事をするのがエンジニアですが、目的を持って仕事ができるというのは非常に大事なことで、これによって働くモチベーションを保ちながら仕事ができるというメリットがありますが、その分野を突き詰めて自分なりにゴールしても、他の分野で新たに仕事をすることでどんどんスキルアップをすることができます。

 

また、エンジニアとして転職をする場合は自宅で仕事ができるところも多く、この場合は自分のライフスタイルに合わせて仕事ができるというメリットがありますが、こうしたエンジニアの仕事スタイルを活かして独立する人も多くいて、エンジニアは転職に限らず自分で道を切り開くことができるというメリットもあります。

転職で多い失敗例

転職で人気な職業に最近はエンジニアが常連入りするようになっていますが、これまでにエンジニアとして働いてきた人が新たな可能性を求めて転職をするケースもあれば、全く関係ない職種から自分でエンジニアになるために必要な知識とスキルを身に付けてエンジニアとして転職を検討している人がいます。

 

全く未経験でもエンジニアとして転職することができるようになっていますが、エンジニアとしての知識や技術は非常に大事な要素となっているため、全く違う分野からエンジニアの転職を目指す場合は転職に失敗してしまう可能性もゼロではないので、転職を考える場合は時間に余裕を持たせることが大事になってきます。

 

転職で失敗しないためには事前準備が非常に大事なポイントになってきますが、転職が決まらないと焦る気持ちだけが先行するようになり、それによって当初の希望とは大きく異なった条件のところに転職をするというようなことになる場合がありますが、このような状態でエンジニアとして転職が決まったとしても、転職後にその会社で長く続けられるとは思えません。

 

また、これまでにエンジニアとして働いてきた人は未経験の人に比べると転職の成功率は高くなっていますが、転職することによってその会社では一番の新人となってしまうため、これまでの地位や肩書きを失ってしまうことになりますが、転職することによって給料が下がる可能性も高いので、この点には注意する必要があります。

エンジニアとして成功する秘訣

エンジニアとして転職を考えている人の中には、エンジニアの仕事に魅力を感じて転職を考えている人もいれば、条件が良いという理由でエンジニアに転職を考えている人もいると思いますが、どのような理由でエンジニアに転職する場合でも、エンジニアというのは工学における技術者ということで、技術者としての心得は必要になってきます。

 

エンジニアは人気な職業であることに加えて、進むIT化の現代において必要不可欠な職業であるということが言えますが、人気が高い職業ということはそれだけ競争率が高いということでもあるので、自分が希望する条件のエンジニア求人があっても、転職が難しいこともあります。

 

こうした競争の中でいかにして自分が会社に求められる人材になれるのかというのがポイントになってくると思いますが、エンジニアは幅広い分野があるので、それぞれの分野に対して中途半端に手を出すのではなく、これと決めたらその分野に強い人材になるというのがエンジニアとして成功する秘訣であり、転職が成功する秘訣でもあります。

 

エンジニアは技術者としての才能はもちろんのこと、自分の技術をどのように活かすかという柔軟性や独創性も必要になるため、エンジニアとして成功するためには自分の強みを持つことも忘れないようにしましょう。

 

また、進む工学の分野において柔軟に対応できる能力もエンジニアには必要で、転職に成功するためには将来を見据えることも大事だと言えるでしょう。

エンジニア専用の求人情報

f:id:itte55ont1heayrntmlveerdl:20150324173521j:plain

エンジニアとして転職をする場合はエンジニアの求人情報を探す必要がありますが、エンジニアの求人情報はエンジニア専用の求人情報にたくさん掲載されているため、エンジニアで転職を考えている場合は最初にエンジニア専用の求人情報を閲覧して自分の希望する条件の求人情報が無いか確認しましょう。

 

エンジニア専用の求人情報というのはインターネットのサイトに掲載されていますが、こうした求人サイトは昔に比べるとかなり増えており、手持ちのパソコンやスマートフォンを利用して簡単に利用することができるので、仕事をしながらでもエンジニアの求人情報を探すことができるようになっていますが、利用に関しても無料というのが基本です。

 

ちなみに、エンジニアの転職情報の中には会社に足を運んで業務をするというところが多いものの、中には自宅で仕事ができる求人情報というのもあるので、在宅ワークを希望している場合は在宅ワークが可能な求人情報を中心に探していくと良いでしょう。

 

また、エンジニアの求人情報は数多くありますが、それぞれの求人によって求めているエンジニアというのはかなり違っているため、自分がどのような分野に強いエンジニアかということを認識した上で求人を探す必要があります。

 

せっかくエンジニアとして転職ができても、転職先が自分の思っていたような仕事が出来ない場合は転職しても失敗する可能性が高くなるため、事前の準備は大事になってきます。

エンジニア専門の転職エージェントを賢く利用する

エンジニアとして転職する人は昔に比べるとかなり増えていて、特にIT技術が普及した後はコンピューター関連のエンジニアがかなり増加することになりましたが、こうしたエンジニアのことをシステムエンジニアと呼んでおり、コンピューターに関連した技術者ですが、せっかくエンジニアとしての実力があっても、それが会社側から理解されないと理想の転職は難しいと言えるでしょう。

 

そのような場合におすすめするのが転職エージェントと呼ばれる転職支援サイトですが、これは転職支援のプロが転職を支援してくれるというありがたいサイトのことで、転職に関しての基本的なことはもちろんのこと、転職が成功するまで手厚いサポートを受けることができます。

 

エンジニアとして転職をする場合はエンジニア専門の転職エージェントの利用がおすすめですが、この場合はエンジニアの転職支援の実績がある専門家のサポートを受けることができるため、エンジニアとしてどういった分野で働きたいかということや、どのような条件で働きたいかということを事前に伝えておくと良いでしょう。

 

また、転職エージェントはスカウト制度と呼ばれる便利な制度が利用できるというメリットがあるので、これを利用することによってさらにエンジニアとしての転職がしやすくなりますが、このスカウト制度は会社側がスカウトすることによって転職活動を進めるというものなので、時間が無くても転職活動ができるというメリットがあります。

転職をする前にハローワークで登録をするのもよい

転職を考えている場合にエンジニアとしての転職を検討している場合は、これまでの実績やエンジニアとしてのスキルなどがエンジニアとしての転職を成功させるための条件となってきますが、転職を検討しているということは何かの仕事に就いているということだと思うので、離職してからエンジニアで転職をするという場合はハローワークへの登録を忘れないようにしましょう。

 

エンジニアの転職や求人情報というのはエンジニア専用の転職や求人情報にたくさん掲載されているため、これらの求人情報を頼りに転職活動を進めて行くことはもちろん大事ですが、それ以外にもハローワークで登録しておくことによって様々なメリットがあります。

 

ハローワークに登録するメリットにはあらかじめ自分の情報を登録していることによって、ハローワーク側から仕事の紹介をしてもらうことができるという点で、ハローワークで働いている職員は転職支援のプロとなっているため、自分の希望する条件のエンジニア求人をピンポイントで紹介してもらえます。

 

また、ハローワークに登録することで離職後は失業手当がもらえるようになりますが、離職してからは収入が途絶えてしまうので、転職活動をする場合は焦る気持ちが先行してしまうようになりますが、ハローワークに登録をして失業手当の申請をした後はお金を貰いながらエンジニアの転職活動を進めることができるため、心に余裕を持つことができます。

エンジニアとしての転職理由を明確にする

f:id:itte55ont1heayrntmlveerdl:20150324173156j:plain

エンジニアとして転職を考えている場合はエンジニアとしてどのように仕事がしたいかということを考える必要がありますが、エンジニアに限らず転職で成功する人と失敗する人はこの部分をしっかりと考えられている人はそうでない人によって変わってきます。

 

エンジニアの転職で成功できる人は転職先でどのように仕事がしたいかという目的を持っている人で、転職先のイメージを持つことによって、転職した後もイメージ通りになるように心がけます。

 

転職したい理由がしている仕事が嫌になったので他の仕事がしたいという理由になってくると、転職に明確な目的が無くなるのでせっかく転職が決まっても長続きしない場合があります。

 

そのため、エンジニアとしての転職を考えている場合はこうした部分を十分に考えた上で実際の転職活動に繋げていく必要がありますが、転職活動には思った以上に時間がかかることが多く、特に離職してからの転職活動になってくると焦りが先行してしまうようになるため、できるだけ余裕を持って転職活動を進めて行くことが大事になります。

 

また、エンジニアは高待遇というイメージがあるので、高待遇な条件を求めて転職を考えるエンジニアも少なくありませんが、もちろんエンジニアの中には高待遇な条件で働いている人は多くいますが、これらのエンジニアは実績や実力があるエンジニアで、実績や実力が無いエンジニアになると高待遇は期待できません。

履歴書や職務経歴書の重要性

エンジニアの求人が見つかった後は求人に申し込みをして転職に向けた準備をすることになりますが、エンジニアの転職にも履歴書や職務経歴書は必要になってくるため、転職したエンジニアの求人が見つかった後は履歴書や職務経歴書の作成を進めて行きましょう。

 

履歴書や職務経歴書はエンジニアの転職に限らず、転職において重要なポイントになっていますが、どれだけエンジニアとしての実力があったとしても、履歴書や職務経歴書を通して上手くそれを伝えることができないと、転職をすることは難しいため、何となく履歴書や職務経歴書を書くというのではなく、きちんと履歴書や職務経歴書が持つ意味を知った上で書いていきましょう。

 

ちなみに履歴書の場合はあらかじめ決められているフォーマットが用意されているため、エンジニアとしての経歴だけでなく、学歴や資格などをフォーマット通りに書いたので問題ありませんが、職務経歴書の場合は自分で作成しないといけない場合が多いため、これまでの職歴が転職先に役立つような書き方をする必要があります。

 

履歴書や職務経歴書を書く場合に職務経歴書の場合はパソコンで文書を書いたので問題ありませんが、履歴書に関しては自分で書くのが一般的となっており、自分で書く場合はきれいに書くということを心がける必要があります。

 

また、履歴書や職務経歴書は転職に重要な要素となってくるので、エンジニアとして転職を成功させたいなら力を入れて作成しましょう。

誰でも緊張は避けられない面接

エンジニアとして転職をする場合は書類選考の後に面接という流れになる場合が多くなっていますが、転職活動において面接が最も緊張するポイントになっているため、面接を受ける場合は気持ち的にかなり負担がかかることになると思います。

 

せっかくエンジニアとしてどのような仕事がしたいかという意志がしっかりしているのに、面接でそれを伝えることができないのは辛いところだと思います。

 

エンジニアとして転職をする場合は面接の時になぜ仕事を辞めて転職をしようと思ったかという質問を受けることになると思いますが、この場合は必ずプラスの言葉で返すことが大事で、前職が嫌になったということは口が裂けても言ってはいけません。

 

面接で上手に話しができるか心配の場合は事前に面接練習や面接セミナーの受講をおすすめしますが、この面接練習や面接セミナーはハローワークが開催している場合があるので、ハローワークに離職の手続きをしている場合はハローワークに問い合わせをしてみると良いですが、基本的に無料で受講ができるようになっているため、メリットはかなり高いと言えます。

 

こうした面接練習や面接セミナーを受けていると面接に対しての耐性が付くので、エンジニアとして転職をする場合に面接で躓いてしまう可能性はかなり小さくなることが期待できますが、面接における中途半端な慣れは失言のリスクも潜んでいるため十分に注意して面接を受ける必要があります。

転職活動を開始するタイミング

f:id:itte55ont1heayrntmlveerdl:20150324172810j:plain

エンジニアが転職をするケースとしては、これまでエンジニアとして働いてきて再びエンジニアとして転職をするケースと、全く関係の無い仕事をしていてエンジニアに転職するケースです。

 

転職活動を開始する場合はどのような理由で転職をするかによっても変わってくるため、一概に言えない部分もありますが、いずれにしてもエンジニアとしての転職を考えている場合はエンジニアとしての基本的な知識や技術の取得と証明は大事になってきます。

 

これまでエンジニアとして働いていた場合は働いてきた会社の兼ね合いを考えて離職するタイミングや転職活動をする日を決めていったので問題ありませんが、エンジニアの転職成功率はこれまでの実績やスキルによっても変わってくるため、いかに自分の実績やスキルが証明できるかによっても違ってきます。

 

また、これまでにエンジニアとして働いたことが無い場合はエンジニアとしての転職の難易度はかなり高くなるため、自分のエンジニアとしての能力を示すための資格取得などを考えることをおすすめしますが、情報技術系の資格は非常に難しい資格が多いため、転職に焦ってないなら在職中から勉強することをおすすめします。

 

転職をするタイミングはその人の事情もあると思うので、事情に合わせて転職のタイミングを考えることになりますが、どのような理由で転職したいかということを考えておかないとモチベーションの維持に繋がらないので注意が必要です。

離職してからの転職活動について

エンジニアとして転職を考えている場合に、離職してから求人情報を探して転職先を見つけるという人もいるかもしれませんが、これまでにエンジニアとしての実績を残してきたなら離職してから転職が決まるまでにそこまで時間はかからないと思いますが、実績が無い状態で転職を考えている場合は離職から転職までに時間がかかってしまう可能性があります。

 

実績が無い場合は会社側も雇うリスクが高くなるので、できれば情報技術系の資格を取得しておくことをおすすめしますが、離職してしまっている状態ならすぐに資格取得は難しいと思うので、転職活動をする前に職業訓練の受講というのを選択肢の一つとして考えることをお勧めします。

 

職業訓練というのは失業保険を受給しながら専門知識を身に付けていくという国が行なっている転職支援プログラムの一環ですが、エンジニアは人手不足ということもあって、エンジニアを育てるための転職支援プログラムも多く行われているので、エンジニアとして実績が無く転職に不安がある場合は職業訓練で必要な知識を身に付けるというのも方法の一つです。

 

また、職業訓練は在職時の雇用保険の加入が必須となっていますが、雇用保険に加入して無かった場合は国から補助をもらいながら学校に通うことができるシステムもあるので、このようなシステムを利用してエンジニアに必要な知識や技術を身に付けてから転職活動を開始したのでも遅くはありません。

在職中からの転職活動について

エンジニアの転職活動に限ったことではありませんが、転職をする場合は離職してからすぐに仕事が決まるとは限らないので、できれば在職中から転職活動を進めて行く必要が出てきますが、在職中と言っても仕事をしている状態なので、なかなか転職活動がスムーズに進まない可能性もあります。

 

しかし、求人情報を探すだけなら在職中からでも十分に可能となっており、一昔前はハローワークに足を運んで求人情報を探すというのが一般的で、コンピューターシステムの使用はできないものの、プリントアウトされている求人情報を持ち帰ることは可能でした。

 

平日の日中しかハローワークが空いていなかったため、仕事をしている人からすると制限がありました、リアルタイムでハローワークの求人情報がインターネットで閲覧できるようになったことで、仕事から帰って寝る前にエンジニアの求人を探して転職活動をすることも可能になりました。

 

また、在職中からエンジニアになるために転職活動をする場合はエンジニアに関連した資格取得の勉強も平行して行うことをお勧めしますが、エンジニアの求人数そのものは多くあるものの、エンジニアとして仕事をする人が増えたということもあって、エンジニアの求人があっても転職が決まるとは限りません。

 

エンジニアとして転職がしたいならどのようなエンジニアが求められるかという嗅覚を働かせることも大事で、それによって理想する転職ができると思います。

高待遇が期待される情報技術系の資格

f:id:itte55ont1heayrntmlveerdl:20150324172439j:plain

システムエンジニアとして転職を考える場合に情報技術系の資格を取得しようと考えている人は多くいると思いますが、システムエンジニアとして転職を考えている場合は基本情報技術か応用情報技術の資格以上が無いと転職には有利に働かないので、転職を考えている場合は基本情報技術以上の資格取得を軸に考えていきましょう。

 

ちなみに情報技術の試験は大きく分けて4層に分けられており、最下層がITパスポート、次は基本情報技術者、そして応用情報技術者ですが、最上層はそれぞれのコンピューター分野によって試験が分けられており、9つの試験区分があります。

 

この9つの試験区分の中にはネットワークのスペシャリストやプロジェクトマネージャーの試験なども含まれているのですが、いずれの試験も非常に難易度が高いため、転職のためにこれらの試験を受けようと考えている場合は年単位の学習時間が必要になる場合があるので注意が必要です。

 

いきなり最上層区分の情報技術試験は受けられないと思うので、まずは基本情報技術者当たりの試験を受けてシステムエンジニアの転職に役立てることをおすすめしますが、最上層区分の中に自分が得意な分野がある場合は、その資格取得を目指して勉強した方が早く資格が取得できる可能性もゼロではありません。

 

こういったエンジニアに関する資格は転職を約束するものではありませんが、取得していることによって転職に有利となることは確実です。

取得しておいた方がよいプログラム言語

システムエンジニアとして転職を考えている場合はプログラムに関する知識も少なからず必要になってきますが、最低限のプログラム言語を覚えておくというのも転職を考える上で大事なことです。

 

もちろんプログラム言語が分からないからといって絶対にシステムエンジニアとして転職できないということではありませんが、プログラム言語はシステムエンジニアの能力を計る一つの要素となっているので、取得しておいて損はありません。

 

とは言っても、プログラム言語にはかなりの種類があるため、どのプログラム言語がシステムエンジニアの転職に役立つかというのは分からない点も多いと思いますが、どのようなところに転職をしたいかにもよって変わってくるので一概には言えないところです。

 

管理システムに関する仕事がしたいならSQLの習得は必須で、スマートフォンのアプリが開発したいのであれば、ローカルの環境で作ることができる知識はあった方が良いので、JAVAの知識は必須となってきますがホームページ関連の会社に転職がしたいのであれば、HTMLやCSSの知識が必要です。

 

また、システムエンジニアとして転職をする場合は単にプログラム言語を知っているだけでは不十分で、プログラム言語を知っているから何ができるのかというところまでシステムエンジニアを求めている会社は求めているため、プログラム言語を使って最低限のプログラムが構築できるようになっておく必要があります。

転職するならコミュニケーション能力も大事

エンジニアは人気な職業の一つで技術職ということもあって、あまりコミュニケーションが得意ではない人が多いというイメージもありますが、エンジニアという仕事のほとんどは自分一人だけで仕事をするのではなく、複数人でチームを作って仕事をするのが一般的となっているため、エンジニアとして働く場合はコミュニケーションが必須で、システムエンジニアとして転職をする際に面接を受ける場合はこうした部分も見られることになります。

 

もちろんシステムエンジニアの転職先によってもコミュニケーション能力の重要性は異なってくるのですが、横のつながりがしっかりしていないと業務が効率的に進まないところが多いため、システムエンジニアが思っている以上に人との付き合いは大事になります。

 

システムエンジニアとして転職をした後はコミュニケーション能力が不足していると仕事が長続きしないことも十分に考えられます。

 

これはシステムエンジニアの転職に限った話しではありませんが、近年は特に人と人との交流が少なくなっていると言われており、特にエンジニアの世界は仕事の相手がコンピューターになることも多いため、コミュニケーションが苦手な人が多くなっています。

 

しかし、部署が変わると客とのコミュニケーションが必要となってくることもあるので、苦手だからといつまでも逃げていてはシステムエンジニアとしての成長や会社からの評判は良くなりません。

システムエンジニアの基本中の基本であるITパスポート

f:id:itte55ont1heayrntmlveerdl:20150324172110j:plain

システムエンジニアは人気の職業の一つで、システムエンジニアとして転職をする人はかなりいますが、エンジニアの中でもコンピューターの分野に特化した分野であることから、コンピューターが好きな人がシステムエンジニアになって転職するケースが多くなっています。

 

システムエンジニアは専門の学校に行って資格を取ってなる職業ではないため、システムエンジニアになること自体はそこまで難しいことではありませんが、もちろん誰でもすぐにシステムエンジニアになれるわけではないので、システムエンジニアになって転職がしたいと考えている人はシステムエンジニアになるために必要な知識や技術を身に付ける必要があります。

 

システムエンジニアの資格はありませんが、システムエンジニアとしての能力が図れる資格というのはいくつか用意されているので、システムの勉強をする場合は資格取得の勉強をして資格取得を目指すと効率的ですが、その中でも初級編資格であるITパスポートはおすすめで、コンピューターを使った試験であることに加えて、試験が行われている頻度も多くなっています。

 

ITパスポートそのものがエンジニアの転職にそこまで有利になるとは言えませんが、他の会社に転職をする場合やITに関する基本的な知識を身に付けることができるというのはITパスポートの魅力となっており、国家資格でもあるため取得して損は無い資格と言えるでしょう。

システムエンジニアの登竜門的資格である基本情報技術者検定

システムエンジニアとして転職をする場合に、これまでシステムエンジニアとして働いてきた人なら仕事の経験がシステムエンジニアとして能力を示してくれますが、初めてシステムエンジニアとして働こうと考えている人からすると、どれだけ自分がシステムエンジニアとしての自信があっても、それを図るものがありません。

 

そのため、システムエンジニアとして転職を考えている場合に自分の能力を示すものが無いのであれば、システムエンジニアの能力を客観的に見ることができる資格の取得をおすすめします。

 

その中でもおすすめなのが基本情報技術者試験と呼ばれる試験で、この試験はプログラマーシステムエンジニアの登竜門として人気の高い資格となっていて、システムエンジニアとしての転職をする場合に有利な資格になる可能性があります。

 

基本情報技術者試験は学科と実技試験で構成されていますが、それぞれの試験に合格して基本情報技術者として認定されることになるため、学科だけ出来ても実技だけ出来ても、基本情報技術者として認めてもらえません。

 

秋と春に試験があり、合格率は20%代なのでかなり敷居の高い試験となっていますが、それだけ資格の価値が高いということなので、システムエンジニアに転職をする場合は取得しておくことでかなり心強い資格になることが予想できますが、その資格があるからといって必ずしもシステムエンジニアとして転職できるというわけではないので注意も必要です。

システムエンジニアの転職に有利な応用情報技術者検定

システムエンジニアとして転職をする場合に取得を考えたい資格がいくつかありますが、この資格は大まかに情報技術検定という名称で呼ばれており、ここから階層的に資格が湧けられているのですが、情報技術検定の資格はシステムエンジニアとして転職をする場合はもちろんのこと一般企業に転職をする場合もかなり有利になる資格となっています。

 

情報技術検定はITパスポートが最も下位な資格となっており、次いで基本情報技術者となっていますが、応用情報技術者というのは基本情報技術者よりもさらに上位の資格となっており、システムエンジニアとしての転職では基本情報技術者よりも応用情報技術者の方が有利になります。

 

応用情報技術者の合格率は10%代後半となっており、基本情報技術者の合格率が20%代ということを考えると、そこまで合格率に違いがある資格ではありませんが、基本情報技術者を受ける人の中には学校関連で受けさせられている人や何となく受けてみたという人が多く含まれているのに対して、応用情報技術者基本情報技術者の知識を持っていてさらにステップアップしたいという理由で応用情報技術者を目指すので、難易度には雲泥の差があります。

 

応用情報技術者になってくるとシステムエンジニアとしての転職にもかなり有利になってくることは間違いがありませんが、応用情報技術者は非常に難しい試験となっているため、かなり勉強をする必要があります。

↓日本最大級のエンジニア求人サイトはこちら